やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

ルーカス・レイヴァ「不振から抜け出せると確信している」

f:id:acidrum:20180724121800j:plain

ラツィオはホームで行われたセリエA第32節・サッスオーロ戦に1-2で敗戦した。前半に1点を先制しながらも、試合最終盤に逆転を許し、3連敗となった。

試合後、ルーカス・レイヴァはSkyのインタビューに対して以下のように語った。

「基本に立ち戻る」

「このチームの強さがあれば、不振から抜け出せる。チャンピオンズリーグの出場権を得るためにはまだまだやるべきことがあるし、あまり先のことを考える必要はない。スタッフと話し合って次の試合のことを考える」

「サッスオーロが中断明けから好調なのは知っていた。僕たちはチャンスを作ったが、得点には至らなかった。その後、チームは引き下がり、集中力を失ってしまった」

「もう言い訳はできない。僕たちは団結しなければならない。中断前は優れたチームであることを見せてきた。こういうときこそ基本に戻り、勝つための方法を見つけて、最高の形でシーズンを終えなければ」

「スクデット? 数字上不可能になるまで諦めないが、先のことを考えすぎると今やるべきことを見失う。とにかく今は体を休め、次の試合に備えなくてはいけない。僕はこの状況を乗り越えられると確信している」

「中断前にはいい結果を残してきたけれど、ユベントスが優勝候補だというのはわかっていた。今は基本に立ち戻って、団結しないと。エネルギーを失ってはいない。ただ前までのようなプレーができていないだけだ。いいプレーができなければ負ける。それだけのことだよ。今は勝つための方法を見つけなければならない」