やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

マンU、ユベントスがミリンコビッチ=サビッチ獲得競争から脱落?

f:id:acidrum:20170118233108j:plain

多くのメガクラブの関心を引くミリンコビッチ=サビッチですが、ラツィオのロティート会長が1億5000万ユーロを提示したことで、いくつかのクラブが撤退を決めた模様です。

モウリーニョの狙いは既に他の選手に

かねてから同選手に関心を持っているとされるのがマンチェスター・ユナイテッド。

ところが、ミリンコビッチ=サビッチとポジションを同じくするシャフタールのMFフレッジに対して5000万ユーロのオファーを提出したと報じられたことで、獲得競争から降りたとの見方が強まっています。

ユベントスも撤退か

また、ユベントスのマロッタCEOもインタビューで以下のようにコメント。

費用を慎重に検討した結果、ミリンコビッチ=サビッチの獲得は諦めた。
ユベントスの選手層は厚いし、その他の重要な交渉もある。

一方、同選手は依然PSGやレアル・マドリードといった潤沢な資金を有するクラブの獲得目標となっており、来季もローマに残るのか、注目が集まります。