やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

UEFAの検査の30分後の再検査では陰性? ターレ「基準に統一性必要」

f:id:acidrum:20190915134846j:plain

日曜日のトリノ戦に招集されたインモービレ、ルーカス・レイヴァ、ストラコシャの3名が、その数日後に行われたUEFAのPCR検査で新型コロナウイルス陽性と診断された。これにより、トリノ戦前の検査に不備があったかどうかFIGCが調査を行っている。

これまでの経緯と現在の状況について、ラツィオのイグリ・ターレSDがSky Sports Italiaに以下の説明を行った。

■検査結果について

「我々は先週いつものように検査を行い、検査官を2回招いてすべての検体を渡した。いずれも陰性だったため、日曜のトリノ戦に彼らを出場させた」

「我々はFIGCの調査に全面的に協力していて、"問題なし"の回答だけを期待できる」

■インモービレらはユベントス戦に出場できるか?

「そう思う。UEFAの検査の30分後に行った検査では陰性だった。インテルのハキミのケースと同じだ。基準に統一性がない状態を続けるべきではないだろう」

■専門家の意見

世界病理臨床検査医学会連合会議(WASPaLM)の会長は、今回の件について以下の見方を示している。

「ラツィオはミスを犯していない。陽性か陰性かの判断は、どこが検査を行うかによって異なる。UEFAはとても具体的な基準を持っていて、イタリアでは陰性とされたケースが陽性になる場合がある」