やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

インモービレ「ラツィオは本当の家族。僕たちは誰にも止められない」

f:id:acidrum:20200216225552j:plain

本日30歳の誕生日を迎えたチーロ・インモービレがクラブの公式メディア『Lazio Style』のインタビューに応え、30歳を迎えての実感やチームの状況、ファンへの感謝の言葉を語った。

30歳の誕生日を迎えて

「体はまだまだ若いと感じている。今夜はみんなで一緒に祝うよ。ラツィオは家族のようなものだから、みんなが参加するのは当然だ。僕らは何年も仲間だし、こうした機会を共有するのは正しいことだね」

「父親になることよりも素晴らしいことは他にない。3度も父になれた(3人の子供を授かった)ことはとても幸運だった。ミケーレ(長女)とジョルジョ(次女)はラツィオの大ファンで、学校で自慢気にそれを話しているよ。昨日の夜には何千もの温かいメッセージをファンから受け取った。全てに答えるのは難しいけれども、みんなに感謝している」

ドルトムント時代の恩師、クロップについて

先日のセリエA・ラツィオ対インテルの試合前に『Rai Sports』がリヴァプールのユルゲン・クロップ監督にセリエAの優勝チーム予想を尋ねたところ、クロップは「ラツィオ」と返答。その理由にかつての教え子であるインモービレがいることを挙げた。これに対しインモービレは以下のように反応した。

「現役生活で僕は平均して良い数字のゴールを決めてきた。クロップ監督には礼を言いたい。僕と彼は個人にとっても、チームにとっても間違ったタイミングで出会ってしまった。彼はそれをよく理解してくれている」

チームの状況について

「チームのコンパクトさが分析家たちに注目されているね。僕らは本当の家族を築き上げ、お互いをとても大切に思っている。とても美しい雰囲気を経験しているよ。僕らは自分たちの仕事に誇りを持っている。アウロンゾ(プレシーズンのキャンプ地)で多くの夢と共にスタートを切り、そして今はとても楽しんでいる」

「コーチ、スタッフ、そして経営陣はファンと共に僕らをサポートしてくれている。ロティート会長は常に僕らがやりやすいようにしてくれているよ」

ラツィアーレについて

「ファンはいつも僕たちが前に進むために手を貸してくれる。多くのファンがジェノバ(次戦の開催地)に足を運んでくれるはずだ。リーグ戦に向けてしっかりと準備をしているよ。この夢を続けるためには勝利が必要だ。僕たちは誰にも止められない」。