やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

ボヌッチ「後半の好ましくない判定が結果を変えた」

f:id:acidrum:20191208231311j:plain

スタディオ・オリンピコで行われたセリエ第15節・ユベントス戦にラツィオは3-1で勝利した。

後半14分、ラツィオのラッツァーリがカウンターで抜け出し、GKと1対1の局面を作ろうかという場面をユベントスのクアドラードがタックルで阻止。このファールに一度はイエローカードが提示されたが、主審がビデオをチェックしたのち、レッドカードに判定が改められた。

試合後、ユベントスのボヌッチは「好ましくない判定が起こった」との考えをDAZNのマイクに語った。

「判定が結果に影響した」

「僕たちはいくつかの判定が間違っていたと考えている。前半はラツィオを支配し、彼らに何もさせなかった。そして、後半の好ましくない判定と失点が結果を変えてしまった」。

また、ユベントスのサッリ監督もクアドラードの退場は正しい判定ではなかったと考えているようだ。

「私はあれが決定機だったと完全に同意することはできない。ボールはサイドに流れていたし、当初のイエローカードが正しい判定だったと思う。ただ、我々があの局面でコントロールを失い、ミスを犯したという事実は変わらない」。