やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

ローマ監督ラニエリ「ラツィオはアタランタ戦でわざと負けるだろう」

f:id:acidrum:20190504113731j:plain

セリエAのCL出場権争いは、4位のアタランタから8位・ラツィオまでの5チームが勝ち点4差にひしめくまさに大混戦の様相を呈している。

そんな中で、5位のローマを率いるラニエリ監督の発言が波紋を呼んでいる。

「ラツィオは八百長をするだろう」

ラニエリは今節のジェノア戦前の記者会見で、ラツィオはローマのCL行きを阻止するために現在4位のアタランタにわざと負けると発言。

また、インテルが負ければローマのスクデット獲得が決まった2010年のカンピオナートでも、ラツィオはインテル相手に無気力試合を行ったとラニエリは"主張"している。

これに対しFIGCのペコラーロ検察官はラニエリの一連のコメントを収めた映像を請求し、放言を罰する準備を進めている。

当然ラツィオ側は反発

事実無根の中傷に対してラツィオ側も反論。

クラブのディアコナーレ広報は以下のようにコメントしている。

「ファンは好きに発言することを許されるが、スタッフの場合は責任が伴う。彼らがこうしたことを主張する際には、少なくとも証拠に基づいていなければならない」

「一部のラツィオファンはローマは直近の2試合をあまりにも簡単に勝ったと言っているが、このクラブの誰もがローマが八百長を行ったとは考えていない」

FIGCの評決は今節の試合が終了してから下される見込み。