やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

ラツィオの「点取り屋」たち。18-19シーズンの選手名鑑FW編!

インザーギ監督率いるラツィオは、昨季セリエAで最多得点を記録した。そんな破壊力抜群なラツィオの「点取り屋」たちを紹介しよう!

チーロ・インモービレ(#17・ITA・28歳)

f:id:acidrum:20180902175458j:plain

昨季セリエA得点王に輝いた絶対的エース。DFラインの裏へ抜ける動きを得意としており、決定力の高さも一級品だ。実はかなりのゲーマーで、ファンに「奥さんとプレステどっちが好き?」と聞かれたときには何の迷いもなく「当たり前だろ。プレステだよ」と答えた。

フェリペ・カイセド(#20・ECU・29歳)

f:id:acidrum:20180902175556j:plain

インモービレの控えとしての役割を期待された昨シーズンは、その期待を大きく裏切る散々なパフォーマンスだった。味方にスペースを作るタイプのストライカーで、インモービレとは毛色が違うことが低調の原因のひとつか。今季こそチームにフィットして、昨季のリベンジを果たしたい。奥さんはマリア・ガルシアというスペインの有名なモデル。

アレッサンドロ・ロッシ(#9・ITA・21歳)

f:id:acidrum:20180728183419j:plain

背番号9を与えられた下部組織出身の国産ストライカー。プレシーズンで複数のゴールを決め、初のトップチーム入りを果たした。インモービレと同じくDFラインを破る動きを好む選手で、「第2のインモービレ」としての成長が期待される。

ルイス・アルベルト(#10・ESP・25歳)

f:id:acidrum:20180902175917j:plain

これまで不遇のキャリアを過ごし、ラツィオでようやく開花。インモービレと2トップを組み、チームが記録したリーグ最多得点の原動力となった。栄誉ある背番号10を背に、スペイン代表定着とCL出場の夢を掴みたい。

ホアキン・コレア(#11・ARG・24歳)

f:id:acidrum:20180802182923j:plain

今季セビージャより加入したアルゼンチン人ドリブラー。開幕節のナポリ戦終盤に投入され、鋭いドリブル突破を披露しポテンシャルの高さを伺わせた。フィニッシュ精度の改善が課題。

ペドロ・ネト(#30・POR・18歳)

f:id:acidrum:20180722194300j:plain

昨季加入した2000年生まれの有望株。トップチームでのデビューはまだないが、これまでフェリペ・アンデルソンやルイス・アルベルトが2シーズン目にブレイクを果たしたのと同じように、今季を飛躍の年にしたい。

クリスティアーノ・ロンバルディ(#87・ITA・23歳)

f:id:acidrum:20180725183015j:plain

ラツィオの下部組織で育ち、昨シーズンはベネヴェントでプレーした。スピードに優れ、プレースタイルは現・インテルのカンドレーヴァと似通っている。そのカンドレーヴァがかつて着けた背番号を背に、トップチーム定着を狙う。

次回は選手名鑑MF編を公開!お楽しみに。