やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

セリエA毎節9試合放送のESPN+を日本から視聴する方法

f:id:acidrum:20180818013253p:plain

<この記事ではあまりよくないことを解説するので、しばらくしたら非公開にします。>

待ちに待った開幕がせまる中、無事セリエAの放送が決まりました。が、スカパー!とDAZNを契約しても全ての試合を視聴できるとは限らず、はっきりいってかなりユーザーにとって不利な形に落ち着いてしまった感が否めません。

昨季は両方契約していればすべての試合をカバーできたのですが…。

アメリカのアプリを利用する

そこで、ひとつの解決策としておすすめしたいのが、アメリカのアプリ「ESPN+」を利用すること。

ESPN+ではセリエAの毎節全10試合のうち9試合(うち1試合はESPNがテレビ放送するためアプリでは配信されず)が生中継され、月額も5ドルとかなりユーザーにやさしい設計です。CL・EL・プレミア・リーガを視聴できるDAZNと組み合わせても、それほど月額はかさばりません。

DAZNとESPN+の二刀流でも全ての試合がカバーされるわけではありませんが、少なくともわずか数試合のために高額な視聴料を払ってCSを契約しなくてもすみます。

以上のようにコスパに優れたESPN+ですが、問題なのは「日本から視聴できない」という点。

ただ、実はこの制限を回避する方法があるので、以下で解説します。

日本でESPN+を視聴する方法

こちらではiOSでESPN+を視聴する方法を解説します。

①アプリをインストールする

ESPN: Live Sports & Scores

ESPN: Live Sports & Scores

  • ESPN
  • スポーツ
  • 無料

まずアプリをインストールし、アカウント作成のために各種情報を入力していきます。

DAZNと違い、支払いはAppleを通して行われるので、クレジットカードなどの情報は必要ありません。

②米国のサーバーを探す

このままではどのコンテンツも視聴できないので、アメリカ本国のサーバーを経由してESPN+にアクセスします。

1:まず、VPN Gateにアクセスし、iOSで利用できるアメリカの公開サーバーを探しましょう。

2:以下の画面のように、[L2TP]のボックスにのみチェックを入れ、[サーバー一覧を更新]をクリックします。

f:id:acidrum:20180818010605p:plain

3: iOSで利用されるサーバーの一覧が表示されるので、アメリカ国旗のものを探して、DDNS名(青の下線を引いた部分)をコピーします。

f:id:acidrum:20180818010939p:plain

③iPhoneでVPNに接続する

1:iPhoneで[設定]→[一般]→[VPN]→[VPN構成を追加]と進みます。

2:[タイプ]で"L2TP"を選択し、[説明]には任意の名前を記入。[サーバー]では先程コピーしたDDNS名を貼り付け、[アカウント]、[パスワード]、[シークレット]にはいずれも"vpn"入力します。

3.設定が終了したらVPNに接続します。成功すると画面右上にVPN接続のサインが出ます。

④ESPN+を再起動する

アプリを再起動し、[Watch]→[ESPN+]と進めば配信を視聴できます。配信スケジュールは、右上のカレンダーボタンや、こちらを参照してください。

f:id:acidrum:20180818011736p:plain

ざっとiOSでのESPN+視聴方法を解説しましたが、アメリカのサーバーで構築されるVPN環境とESPN+のアカウントさえあれば、PCでもAndroidでも同じように視聴が可能です。

この視聴方法の弱点は?

ただし、この方法にも弱点が3つあります。

  1. 毎節1試合は必ず生配信されない(ESPNでテレビ放送されるため)

  2. 他所のサーバーを経由するので、通信がもたつくことがある

  3. そもそも利用規約に違反している

1については、DAZNとの組み合わせでお互いにカバーする方法がおすすめですが、どちらでも見られない試合がないとは限りません。

究極の方法はアメリカの地上波放送をネットで視聴できる「Sling TV」というサービスを利用することですが、こちらは25ドルと値段が高めなのがネックです。

2はある程度は仕方がないので、質の高いサーバーを探しましょう。ラグのない最高画質の映像を見たければ現地に行くしかありません。

3についても自己責任でお願いいたします。