やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

ラツィオ移籍に合意済のブラジル人FWが一転、残留を希望?

f:id:acidrum:20180730122532p:plain

インモービレの控え候補としてラツィオ加入に合意していた選手が一転、残留を希望しているようです。

移籍交渉が停滞中

ラツィオがインモービレの控えとして獲得を狙うブラジル人FWウェズレイ・モラエスは、加入が近いと報じられながらもしばらく動きを見せずにいます。

この理由は、

  • 所属クラブであるクラブ・ブルッヘの要求額が1500万ユーロと高額なこと

  • カイセドの売却がまとまらないこと

  • プリマヴェーラ出身のストライカー、ロッシが成長を見せていること

の3点が挙げられます。

チャンピオンズリーグが決め手に?

なかなか進展がない中、ウェズレイはインタビューを通じて「ブルッヘに残留してチャンピオンズリーグに出場したい。僕はまだ21歳だしそれでもまだ時間はある」と発言。ここにきて残留の意思を見せています。

以前まで獲得の噂があったアーセナルのFWルーカス・ペレスの代理人も「ラツィオからはしばらく接触がない」と語っていることから、ウェズレイにターゲットを絞っていたと思われるラツィオ。

移籍期間の終了が迫る中、次の一手に注目が集まります。