やや日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(大嘘)お届けします。

今週のラツィオ(6/30)

今週も元気にラツィオ関連の情報をまとめていきます!

今週のラツィオ①:2人の新戦力がローマに到着。補強が本格的にスタート

f:id:acidrum:20180630210710p:plain

来季に向け、新戦力獲得のための交渉が粘り強く進められていましたが、先週加入したドゥルミシに続き、今週は2人の選手がローマに訪れました。

サレルニターナのスプロカティとザルツブルグのベリシャが今週ローマを訪れ、メディカルチェックを受けました。

ヴァロン・ベリシャ

ELでラツィオを破ったRBザルツブルグ所属のヴァロン・ベリシャは今日メディカル・チェックを受診。

公式な加入発表はまだですが、ラツィオではパローロと同じポジションでプレーすると見られています。

詳しいストーリーはこちら

スプロカティ

スプロカティはラツィオの傘下クラブであるサレルニターナで今季ヒットした選手。

両利きのウィンガーで、セリエBでは10ゴールと7アシストをそれぞれ記録。

ラツィオでは、左右両サイドやセカンドトップの位置でチャンスが与えられると見られています。

今週のラツィオ②:インモービレがミランへ?

f:id:acidrum:20180430104913p:plain

先週ラツィオへの残留を宣言したインモービレでしたが、今週代理人がミランのSDと会談し、移籍へ個人合意したと報じられました。

給与アップの交渉材料のためミランに接触か

もちろん、ラツィオ側としてはチームの絶対的エースを簡単にライバルクラブへ売り渡すつもりはなく、ロティート会長は1億ユーロ以上の移籍金を要求すると見られています。

これはFFPの問題を抱えるミランにとっては非現実的な額であり、インモービレ本人も環境を変えるためではなく、間近に迫るラツィオとの交渉でさらなる給与アップを勝ち取るため、その材料としてミランとの個人合意を利用すると推察されています。

今週のラツィオ③:日本でセリエBの試合が視聴可能に

f:id:acidrum:20180630211935p:plain

直接ラツィオと関係する話題ではありませんが、来季からセリエBの試合がネット配信されるようです。

DAZNを運営するPerform社が、17-18シーズンのセリエBの放映権を獲得したことで日本でもセリエBの試合が観戦できるように。

ラツィオと提携関係にあり、ルイス・フェリペやストラコシャが育ったサレルニターナのゲームも日本からチェック可能になりました。

今週のラツィオ④:ミリンコビッチ=サビッチがワールドカップから戻る

セルビア代表の一員として初めてのワールドカップに臨んだミリンコビッチ=サビッチでしたが、残念ながら決勝トーナメント進出は叶わず。

かねてから「ロシアから帰ってきたら去就を決める」と話していたことで、移籍に関する報道が再び加熱していますが、本人は以下のように語っています。

ミリンコビッチ=サビッチ:
僕はようやくこの長いシーズンを終えた。
まずは一旦休んで、そしてローマへと戻りたい。
僕はラツィオと共にあり、そこでの契約を残している。とても幸せなことだ。
ユベントス?彼らが僕を追っていることは新聞で読んでいるけど、今は移籍について考えたくない。まずは休んでからローマに戻るよ。

グルイッチにラツィオ移籍を勧める?

彼がワールドカップで得たものは経験だけではなかったようで、リヴァプール所属のセルビア代表MFグルイッチにラツィオ移籍を勧めたようです。

ミリンコビッチ=サビッチ:
僕はグルイッチに、ラツィオはとても居心地がよく、もし移籍するなら最高だと話した。
でも、どうするかは彼次第だね。

今週のラツィオ⑤:ラツィオを支えた3人の契約が満了

17-18シーズンの最終日を迎えた今日は、デ・フライ、マルケッティ、ジョルジェビッチの契約満了日でもあります。

ラツィオを支えたそれぞれの選手の活躍を振り返ります。

デ・フライ

f:id:acidrum:20180515014249p:plain

14-15シーズンにフェイエノールトから加入したデ・フライは、当初は同郷のファン・ハール率いるマンチェスター・ユナイテッド行きが噂されていたもののラツィオを選択。

それから3年、長期の負傷離脱に苦しみながらも活躍し続け、セリエA屈指のCBにまで成長を遂げました。

来季からは活躍の場をインテルへ移し、ラツィオにとってはCL争いのライバルになります。

マルケッティ

f:id:acidrum:20180606203830p:plain

11-12シーズンにカリアリより加入したマルケッティ。

ビッグセーブを連発し、12-13シーズンのコッパ・イタリア優勝に大きく貢献しました。

来季からはジェノアでプレーすることが決まっており、ペリンの後釜としての活躍が期待されています。

ジョルジェビッチ

f:id:acidrum:20180630221807p:plain

クローゼの後釜として14-15シーズンにナントから加入したジョルジェビッチ。

移籍初年度はセリエAで2桁得点を記録しましたが、大怪我の影響もありその後は活躍できず。

現在30歳の同選手は、キエーヴォで再起をはかります。

今週のラツィオ⑥:ストラコシャが拗ねる

Instagram上での選手同士の交流が多いラツィオですが、今週も微笑ましいシーンが見られました。

f:id:acidrum:20180630222420p:plain

パトリックのポストに対してアンデルソンが絡んでいると、ストラコシャが自分も混ぜろと要求。

するとパトリックは「アンデルソンのお気に入りは自分」と突っぱねたところストラコシャは「😒」と不満そうな絵文字を添え以下の写真を投稿。

f:id:acidrum:20180630223136p:plain

ストラコシャは休暇中チームメイトと会えずに寂しいのかもしれません(?)

以上、今週もForza Lazioです!