やや日刊ラツィオ

ラツィオのニュースをお届けするブログ。やや日刊であり、ほぼ週刊。

今週のラツィオ(5/24)

f:id:acidrum:20180524062017p:plain

今週のラツィオ関連のニュースをサクッとまとめていきます。

今週のラツィオ①:インテルに敗戦…CL行きを逃す

セリエA17-18シーズン、4位の座をかけてインテルと直接対決した最終節は、惜しくも2-3で敗戦。

これにより18-19シーズンのCLへの不参加が決まってしまいました。

試合後に指揮官は以下のようにコメント。

「また来季CLを目指す」

我々はもっと早い段階でCL出場権を勝ち取るべきだった。
今季は素晴らしい旅を送り、インテル戦も試合を支配していたが、セットプレーから3失点を喫してしまった。
ラツィオがCLへ行けなかったことは運命なのかもしれない。

今季はファンが楽しんでラツィオを観ることができたね。あれほどまでにオリンピコが盛り上がったのはスクデットを獲った日以来だ。
CL行きを決められれば一層素晴らしかったが、また来季、挑戦しなければならない。

詳しいストーリーはこちら↓

www.nikkan-lazio.com

今週のラツィオ②:ミリンコビッチ=サビッチ獲得へ動き出すユベントス

シーズンが終われば当然盛り上がるのが移籍の噂。

今夏の移籍市場の中心にいるミリンコビッチ=サビッチですが、ユベントスが獲得に向けて本腰を入れたと報じられました。

ただ、ロティート会長は最低でも1億5000万ユーロ(約195億円)を要求すると見られていて、ユベントス含めマンUなどのメガクラブがこれを満たすオファーを出すか注目されています。

詳しいストーリーはこちら↓

www.nikkan-lazio.com

今週のラツィオ③:ミランがインモービレを狙う…?

実現の可能性はさておき、大々的に報じられたのがミランがインモービレを狙っているというニュース。

カリニッチがうまくフィットできず、ポイントゲッター不在に苦しんだミランは、さほど給料が高くない上に得点王にも輝いたインモービレを欲しがっているそう。

この噂に対して本人は以下のようにコメント。

今年は移籍期間が短いからいろいろなことを耳にするね。
僕がどれだけラツィオを大切に考えているかはみんな知っていると思う。
ニュースが出てくる度にこのことは繰り返さない。
全ては代理人にまかせているよ。僕は代表に集中し、そして休暇へ行く。

ミランについては、昨季のFFPを無視した大補強の反動でUEFAから厳しい制裁を受ける可能性があり、この移籍が現実に起こる確率は極めて低いと見られています。

今週のラツィオ④:ターレがエトーと会談

f:id:acidrum:20180524065845p:plain

ターレSDと元インテルの「黒豹」ことサミュエル・エトーがローマで4時間の会談を行ったと報じられました。

昨季はトルコで選手兼監督としてプレーした37歳のエトーですが、28試合に出場し12ゴールと好成績を残しており、ターレは既に退団したナニの後釜として彼を求めているとのこと。

今週のラツィオ⑤:残りそうな人たち・出ていくかもしれない人たち

残る可能性が高い選手

f:id:acidrum:20180515005359p:plain

セリエA最多得点のインモービレと最多アシストのルイス・アルベルトをロティートが手放す可能性は低いです。

また、ルイス・フェリペストラコシャといった来季以降重要な役割を担う若手も残留の確率が高く、ルーカス・レイヴァラドゥパローロルリッチといったベテランも今季と同じようにラツィオを支えることが期待されています。

放出されるかもしれない選手

f:id:acidrum:20180524072857p:plain

多数のメガクラブが関心を寄せるミリンコビッチ=サビッチは、ロティートが求めるとされる1億5000万ユーロの違約金が支払われた場合に移籍が起こる可能性があります。

ただ、彼の代理人は多くのオファーが届いていることを認めながらも、年齢の若さを理由に、移籍を急がない旨のコメントを残しています。

ナニデ・フライは既に退団が決まっており、ディ・ジェンナーロもこれに続くと見られています。

期待されたパフォーマンスに届いていないカイセドバストスウォレスカセレスも放出の瀬戸際に。

CLへの出場権を逃したことで、フェリペ・アンデルソンがクラブを離れる可能性もあります。

今週のラツィオ⑥:加入が噂される選手たち

コバチッチ

ミリンコビッチサビッチを欲しがるクラブのひとつ、レアル・マドリードがコバチッチを含めたオファーをラツィオへ提出すると報じられました。

かつてインテルにも在籍した同選手は、競争の激しいレアルで34試合に出場。

ゴールこそ決められなかったものの、93%の高いパス成功率を記録しています。

ミリトン

サン・パウロ所属の20歳のDF、ミリトンとラツィオが接触していると報じられました。

1月に契約が満了する同選手ですが、マンチェスター・シティなどのビッグクラブも関心を寄せており、1000万ユーロほどの違約金を支払って夏に獲得するのでは、との見方が強まっています。

詳しいストーリーはこちら↓

www.nikkan-lazio.com

リヒトシュタイナー

ユベントス退団が決まったベテランSB、リヒトシュタイナーがラツィオへ返ってくるかもしれません。

リヒトシュタイナーは現在、モナコやドルトムントからもオファーを受けており、ラツィオを含む3クラブから来季の所属クラブを検討しているようです。

クリスタンテ

かねてから追いかけているアタランタのクリスタンテも、インタビューの中でラツィオへの移籍を否定せず。

以上、今週もForza Lazioです!