やや日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(大嘘)お届けします。

インザーギ「引き分けではなく勝利を。全てを出し切りたい」

f:id:acidrum:20180521021958p:plain

セリエA17-18シーズン最終節、CL行きへの切符をかけたインテル戦を前に、インザーギ監督が記者会見に臨みました。

「いつものプレーを」

我々はいつも通りのプレーをするつもりだ。結果は気にしない。
インテルがどんな姿勢で試合に臨むかはわからないが、自分たちのことだけに集中する。

この最終戦はできれば避けたかったが、インテルとは3ポイント差があるし、準備も万全だ。
ロッカールームで行われた多くのミーティングを通して、選手たちはこの長いシーズンの末にかかっているものを理解した。
我々は正しい姿勢で試合に臨み、集中し、謙虚であり、ミスを避けなければならないね。

選手起用について

インモービレは素晴らしい1週間を過ごした。パローロやアルベルトのように昼夜を問わず練習に励んだよ。
試合当日は彼が怪我してから21日目と日が浅く、最終戦でなければ彼の起用は避けていたが、本人がいかなる犠牲を払ってもこの試合に先発することを強く望んだんだ。

フェリペ・アンデルソンは我々を助けようと努めるだろう。そして、彼はこの試合の主役になると私は考えている。
ルイス・アルベルトとパローロは出場できないが、ピッチの外で最後までチームメイトと共に戦うだろう。

デ・フライについて

彼とはインテル戦に出るかどうかについて何度も話し、何の迷いも持っていないと確信した。
彼はクラブ、ファン、チームメイトのために足あとを残そうとしている。そして、彼はインテルに対して、どれほど素晴らしいディフェンダーと5年もの契約を結んだのかを見せつけるだろう。

「引き分けではなく勝利を」

ラツィオは引き分けでもCL出場を決められるが、どちらのチームも勝ちに行くはずだ。インテルには優れた選手と素晴らしいコーチがいる。わくわくする試合になるね。
ラツィオがインテルよりCL出場にふさわしいかどうかは言及したくない。
資金力や名声は全てを変える。我々は全ての力を振り絞ってそれを手に入れたい。
最後の笛が鳴った時、このチームが全てを出し切ったと確信したい。

我々は長いジロ・デ・イタリア(3週間に及ぶ自転車レース)の最後の坂道にいる。
健闘を祈る!