やや日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(大嘘)お届けします。

インザーギ「インテル戦で全てが決まるわけではない」

f:id:acidrum:20171230184925j:plain

インテル戦を前に、シモーネ・インザーギ監督が記者会見に臨みました。

インテル戦は決め手にはならない

サン・シーロでの試合をラツィオが勝ちとれば現在3位のインテルに1ポイント差まで迫りますが、指揮官はあくまで「インテル戦は順位争いの決め手にはならない」と語ります。

「次の試合はとても重要ではあるが、順位を決定付けるようなものではない。」

「インテルがタフな相手ということはわかっている。いい結果を得るために全てを出しきらないといけない。」

「選手たちはよく準備してきた。インテルはここ最近の3試合に負けているが、疲れが溜まっているようだ。他の全てのチームと同じようにね。」

「疲労は我々にもある。ユーベやナポリにも同じくだ。インテルは質の高いチームで、私はスパレッティを尊敬しているよ。」

これからはさらに厳しい戦いに

「ここまで選手たちは並外れた働きを見せてくれているね。ヨーロッパリーグでは2試合を残して決勝トーナメントへの進出を決め、コッパ・イタリアは準決勝進出、カンピオナートでは強豪にしっかりとついていっている。」

「ここまでは本当によくやった。だがしかし、勝負はこれからだ。リーグ戦は5月まで続くからね。」

「冬の休みが明ければ、4日に1度のペースで試合が組まれている。ここまでよりも厳しい日程だろう。」

「これまで予期しないような形で勝ち点を落としているが、本来なら我々はもっと高い順位にいたはずだ。」

インテルは不振を終わらせにくる

「繰り返すが、インテル戦は今シーズンを決めるような試合ではない。このゲームの後にも19もの試合が控えている。」

「我々は目の前の敵と戦い、攻撃の手を休めることなく、上位のクラブに食らいついていかなければならない。何がおころうともね。」

「いつものラツィオが見れることを期待している。そうすれば、負けることは滅多にない。」

「他のチームにも起こるように、インテルは不調の中にある。彼らは疲労しているが、我々を倒して不振を終わらせようとするだろう。私たちも簡単には負けないよ。」

最も警戒していること

また、インザーギは「インテルについて最も恐れていることは?」との質問を受けました。

「(最も恐れているのは)選手の質の高さだ。」

「スタジアムは両チームにとって素晴らしい雰囲気になるだろう。なぜなら、ローマから多くのファンが来ることは分かっているし、彼らが大声援を送ってくれるのは分かっている。」

「対策は万全」

「イカルディかインモービレか?どちらも素晴らしい選手だよ。イグアインもそうだ。」

「インテルの選手のことは良く分かっている。イカルディはサッスオーロ戦を除いて、ここ最近の試合で常に得点している。彼をフリーにさせてはいけないね。どこからでもゴールできるんだ。」

「ペリシッチやカンドレーヴァも素晴らしいが、なにをしてくるかは分かっている。対策は練ってきたよ。」

「インテルは予測不能なウィンガーを擁するチームだが、準備は万全だ。クロスを多く上げられないように、厳しくマークする。」