やや日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(大嘘)お届けします。

インザーギ「スクデットも夢ではない」

f:id:acidrum:20171212003707p:plain

インザーギは「ラツィオの優勝は不可能ではない」としながらも、チームに現実的な姿勢を求めています。

今シーズンの14試合で、ラツィオは勝ち点を32まで積み重ね、今夜のトリノ戦を前に5位に付けています。

また、今節はインテル・ナポリ・ユベントス・ローマと、ラツィオより上位の4チームが勝ち点を落としました。

したがって、ミハイロビッチ率いるトリノから勝利を得ることができれば、ラツィオは首位から5ポイントまでに勝ち点差をつめることができます。

「スクデットも夢ではない。ただし、謙虚であれ」

「我々は間違いなく自分たちの試合にだけ集中する必要がある。」と指揮官はチームを引き締めます。

「サンプドリア戦では、選手たちに勝ちを求めていた。決勝ゴールが決まったのが終盤だったのは差し置いて、彼らは素晴らしくも私の要求に応えてくれた。」

「スクデットは不可能ではないか?もちろん。私たちがしてきたことを見ればね。」

「しかし、我々は謙虚でいなければならない。上位のチームもとても調子がいいし、下位のチームもまた追い上げを始めようとしている。」

「試合ごとにどんどん強くなっていかなければならないんだ。トリノを見くびってしまえば、マラッシでの重要な勝利をふいにしてしまう。」

対戦相手・トリノとミハイロビッチについて

また、インザーギは今シーズンまだ三度しか敗れていないトリノのパフォーマンスを讃えています。

「彼らは良いシーズンを送っている。ミランやフィオレンティーナといったチームと順位を争っているし、覚悟を持って向き合わなければならない相手だ。」

「今日は一貫性を持つことが重要になる。簡単ではない相手とのゲームということはわかっている。」

「我々はみんなシニシャ(・ミハイロビッチ)のことをわかっているよ。難敵とやり合わなければならない。」

via Football Italia