ほぼ日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(たぶん)お届けします。

スクデット争いの予想はしないインザーギ

ベネヴェントを相手に、5-1の大勝を果たしたことにシモーネ・インザーギ監督はとても満足しています。

一方で、スクデット争いについて語るのは時期尚早だと考えているよう。

ベネヴェント戦後のコメント

セリエAの11試合を終えて、積み重ねた勝ち点は28。順位表では3位につけ、チームはここまで31得点を記録しています。

「試合の内容にはとても満足している。我々はよく準備して試合に臨み、油断することなく前半を3-0で終えた。そして、とても大きな勝利を掴み取ったんだ。」

優勝争いについて

「スクデット?ベネヴェント戦で見せたように、ひとつひとつの試合に全身全霊で臨むことしか考えていないよ。

「この姿勢を続けて、高い順位に居続けることが目標だ。まだ11試合しか終わっていない。優勝を予想するには早すぎる。」

攻撃陣について

ナニはベネヴェント戦で、記念すべきラツィオでの初ゴールを記録。

前線の強力な選手たちにインザーギは敬意を表します。

「ナニはとてもよく練習しているんだ。ここまでのキャリアで全てを勝ち取ってきたにも関わらず、自分を捧げ、素晴らしい意欲を見せている。だから、彼がゴールを決めたことにとても喜んでいるよ。彼はそれに値する。」

「もちろん、フェリペ・アンデルソンのことも忘れてはいない。戻るまではもう少し時間がかかるけど、もうひとつの前線の脅威になる。」

「インモービレは誰とでもうまくやれる。だから、ルイス・アルベルトや、ナニ、カイセドをローテーションすることもできる。」

カイセドについて

インモービレが絶好調を維持する一方で、出場機会に恵まれないカイセドについて、監督は少し不憫に感じている様子です。

「何人かの選手はとても意欲を見せてくれているが、残念ながらここまで出番を与えられていない。私は試合後、カイセドに『君はここまで多くをチームにもたらしている。それを続けてくれ。』と伝えたよ。」

「カイセドは得点王とポジションを争っているんだ。インモービレがいなければ、どのチームでも先発できる実力のある選手だ。」

via Football Italia