ほぼ日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(たぶん)お届けします。

【試合前会見】インザーギ「ペドロ・ネトをベンチ入りさせる」

セリエA第11節・ベネヴェント戦前の記者会見にシモーネ・インザーギ監督が臨みました。

ベネヴェントについて

「昇格したばかりのチームを前に慢心してしまう危険性は確かにあるが、私のチームは精神面で成熟している。ベネヴェントは油断できないチームだし、ミッドウィークのカリアリ戦でもいいプレーをしていた。」

(ベネヴェントは、前節のカリアリ戦で、95分にゴールを決められて惜敗しました。)

「ベネヴェントは監督が替わったばかりで奮い立っている。我々はこの試合を見くびってはいけない。選手たちが今シーズンのベストパフォーマンスを見せてくれることを期待している。」

「前節のボローニャ戦では、前半こそ素晴らしいパフォーマンスを見せていたが、後半はインテンシティを落として『普通の』チームに成り下がってしまった。それによって勝ちを落としてしまうところだった。」

1勝もしていないチームを前にして

セリエAでまだ1勝もできずに、順位表では一番下に沈んでいるベネヴェント。

不調なチームを前にしてのメンタリティについて、インザーギは語ります。

「『もしも』はあり得る。それがセリエの難しさなんだ。ベネヴェントの最近の2試合を観たが、彼らは今の成績には値しないいいチームだ。我々は慢心してはいけないということをしっかりと認識している。そして、ベネヴェントが採用してくるであろう3-4-2-1のシステムを研究し、対策を練ってきた。」

ラインナップについて

「ディ・ジェンナーロはトレーニングでの負傷により招集外だ。一方で、バスタ、フェリペ・アンデルソン、ウォレス、パロンビはトレーニングに参加した。」

ペドロ・ネトは次の試合のベンチ入りする

「ナニはだんだんチームにフィットしてきていて、カイセドも慣れてきている。したがって、ベネヴェント戦のラインナップはよく考えて決めようと思う。ナニとルイス・アルベルトを併用することも検討している。

ボローニャ戦でのルリッチの態度について

前節・ボローニャ戦で交代を告げられた際、怒りをあらわにしたルリッチは、謝罪の意を込めて全員に食事を奢ったそう。

「ボローニャでの出来事は全て水に流したよ。キャプテンとして、人間として、ルリッチは自分が間違った行動をしたことに気づいている。チームは団結していて、ベストを尽くすという1つの目標に向かって突き進んでいるんだ。

via Football Italia