ほぼ日刊ラツィオ

ラツィオに関するニュースを中心に、セリエAの情報を毎日(たぶん)お届けします。

【試合前会見】インザーギ「セリエAに簡単な試合などない」

セリエA第10節・ボローニャ戦に先立って、シモーネ・インザーギ監督が記者会見を行いました。

今シーズンのラツィオは素晴らしいスタートを切り、首位のナポリにわずか3ポイント差にまで迫っています。

今節はカリアリ戦に続いての格下との対戦ですが、「簡単な試合はセリエAにはない」とインザーギ監督は語ります。

ボローニャについて

「このリーグに簡単な試合などない。そのことを良く理解し、そして勝利しなければならない。」

「カリアリ戦ではうまく試合を運び、苦戦することなく重要な勝利を掴むことができた。」

「ボローニャは前節でアタランタに敗れているが、それまでは3連勝している。それに、インテルやナポリに対してもうまくやっていた。」

「(ボローニャの監督)ドナドーニは我々を混乱させるためにあらゆる策を打ってくるだろう。」

戦術について

「ラインナップに変更を加えるか?それはトレーニングをしてみないとわからない。」

「休ませるべき選手と、起用すべき選手を慎重に選ばなければならない。ラドゥは発熱によりトレーニングを休んだし、他にも疲れているメンバーがいる。」

「ルカクは次の試合に出場できるだろう。一方で、アンデルソン、ウォレス、バスタ、マウリシオは負傷していて起用できない。」

人種差別問題について

「ファンも含めて、ラツィオはずっと人種差別に立ち向かってきたと私は考えている。」

「数名の良くないファンが問題を起こしたが、彼らへの処分は絶対的に支持する。」

via Football Italia